人気ブログランキング |
<< 新しいお弁当箱 母の本 >>

家族のこと

日々、この子に癒されてます162.png
f0349957_16365943.jpeg
ほぼ1ヶ月ぶりの更新となります。

皆様のところにはお邪魔させていたのですが、
今年の夏はいろいろありまして・・・
最近になって、やっと少し落ち着いたかなあと思えるようになりました。

いつかまとめて書きたいと思いつつ・・・
今日になりました。


実は、京都に住む私の母が6月半ばに大腿骨を骨折しまして・・・
まあ、これは幸いなことに2週間ほどの入院で済んだのですが、
退院後、このまま古い実家に一人暮らしは心配だし、
かなり難しいのではと・・・

千葉の兄の近くか、私の近くか、どちらかに呼び寄せようということになりました。
母、母の弟夫婦、そして兄一家、私たちが話し合い、
介護状態ではないので、老人施設でなく
一人、気軽に暮らせる賃貸がいいのは・・・となりました。

ここから、私と兄との話し合いとなったわけですが、
これがなかなか決まらず・・・
時間だけが過ぎる中、
「こちらに来てもらったら・・・」という主人の一言で即決定!

7月下旬に我が家の近くに賃貸マンションを借りて、母を迎えました。

ところが、やはりたまに実家に帰るだけではわからないのですね。
私たちが思ってた以上に、母は頼りなく、
新しい場所、新しい住まいでの一人暮らしは、
とてもとても不安なものでした。

また、友人や知り合いもいない、ほぼ私たち家族だけ話すことがない・・・
そして、母自身があまり積極的な性格ではない・・・
老人性うつや、痴呆症になるのでは?ととても心配になりました。


このような状況は母のためにもよくないだろうということで、
母が入ることのできるホームを探すことになりました。

何件か問い合わせをし、我が家から一番近いホームに見学に行きました。

そして、そのホームを母自身も私たちも気に入り、
8月下旬に入居となりました。

こちらに来る時から、
実家をそのままにすること(空き家になること)
お仏壇はどうしよう?
この二つを、母はずっと心配していました。

いろいろ話をし、叔父やお寺さんにもお世話になり、
現状ベストな状態で解決でき、
母も納得することできました。

賃貸は2ヶ月で解約、2度のお引っ越し・・・
濃厚な夏となりました。


ここ最近は、母もホームに慣れ、明るく過ごしてくれています。
「こちらに来てよかった」
「このホームでお世話になれてよかった」という言葉も
聞くことができるようになりました。

6月からの4ヶ月、ここまで長かったなあ・・・
今年は、もうすぐ娘の受験もあるので、
一時は本当にどうなるのかと思いました。


そんな中、どんなに忙しくて、悩んだりしても
この子は変わらず、癒してくれます。

もうすっかり家族の一員です・・・




今年になって、私自身が計画していたことは
先延ばしになったり、考え直したり、
残念ながら、予定はあくまで予定になってしまいました。


令和となってであと2ヶ月あまりで、新年を迎えますが、
2019年は私にとって、
家族のことを考える年なんだなと思っています。

一生のうち、こういう一年もありますよね。







やっとそう思えるようになった今日この頃です。







ランキングに参加中です。1クリックいただければ、励みになります。
にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ









by mimirin0721 | 2019-10-17 08:36 | Family diary | Comments(4)
Commented by kyoko_mn at 2019-10-23 18:41
mimirinさん、今年の夏は大変でしたね。
色々なことが良い方向に解決なさったようで良かったですね。

どんな時も癒してくれるメイシーちゃんは
かけがえのない家族ですね。
Commented by mimirin0721 at 2019-10-24 13:20
> kyoko_mnさん
コメント、ありがとうございます。
こちらがどんな気分でも、元気なメイシーを見ると、癒されるんですよね。出かけていても、早く帰って顔を見たくなります(^^)
Commented by mrswne at 2019-10-27 08:54
mimirinさん、お疲れ様です。
でも、お母様やご家族のために
良い方向へ向かわれた様で良かったですね。
Commented by mimirin0721 at 2019-10-30 10:10
> mrswneさん
ありがとうございます。一時は本当にどうなることか、と思いましたが、それもまたいい経験だったと思えるようになりました。やってみないとわからないことってありますね。
<< 新しいお弁当箱 母の本 >>