カテゴリ:Construction diary( 81 )

45周年!

f0349957_8261915.jpg

お世話になったパナホームの営業Kさんが、久しぶりに顔を見せてくれました。



今年でパナホームは45周年なんだそうです。



歴史的なことはよくわからないけれど、以前マイホーム計画中に「すまいとくらしの情報館」に行ったとき、松下幸之助さんの言葉が大きく掲げられていたことを印象深く覚えています。



きっとず~っとその精神が引き継がれているんだろうな・・・。



初期の頃に建てられた家ならもう45歳。



勿論、主人や私よりもしっかり先輩です!



いつも明るく爽やかなKさんの笑顔。



蒸し暑さも少し和らいだような気がしましたo(^▽^)o
[PR]
by mimirin0721 | 2008-08-04 00:21 | Construction diary | Comments(0)

あなたと夢をご一緒に

f0349957_9352768.jpg

我が家の2階ベランダから撮った写真です。



南側のお宅もパナホームで、只今建築中です。



我が家の南面は遊歩道プラス車道なので、かなり離れてはいるのですが・・・。



ずーっとこうしてパナホームのロゴが見えているのも、正直なんとなく変な感じです(//・_・//)。



こういう状態も多分もうしばらくのことでしょう。





「あなたと夢をごいっしょに」・・・・・私達の夢はパナホームともに実現しました(*^ー^)ノ
[PR]
by mimirin0721 | 2008-06-13 23:00 | Construction diary | Comments(0)

控除を受けるためには・・・

f0349957_928241.jpg

確定申告のシーズン到来!ですね。

我が家は主人がサラリーマンなので、基本的に確定申告はしていません。

しかし・・・今年はいつもと違います。

昨年マイホームを建築したので、控除を受けるための手続きをしなければならないのです。パナホームの営業のKさんに資料をいただいたり、銀行からお知らせが届いたりしていますが、こういうことがすごく苦手で一度読んだだけではなかなか理解できないのが私。

でも、控除は絶対受けないと!ということで、今日税務署に初めて行って来ました。

職員の方によると、うちが受けられるのは『住宅借入金等特別控除』と『居住用財産の譲渡損失の繰越控除』(そうです!前に済んでいたマンションの売却でで大、大、大、大損失が出ているんです(ノ_・。))の二点だということで、提出用書類一式をそれぞれいただいてきました。

これからじっくり読んで、添付する書類などを揃えなきゃ!というところです。

税金の「納付」でなく「還付」なんだから、何とかがんばります
[PR]
by mimirin0721 | 2008-01-31 20:52 | Construction diary | Comments(0)

和室のない家

我が家には、タイトル通り和室がありません。
以前マンションに住んでいたとき、和室がいわゆる行燈部屋?!(窓のない部屋)で、主人と二人のときは洗濯物を取り入れておく、たたむなどしか使うことがなく、また娘が生まれてからは娘のジャングルジム、滑り台、トランポリンなどを置いて遊び場にしていました。
そして2、3ヶ月に一度実家両親や姪っ子や甥っ子が泊まったリするときに使う程度でしたので、私達は「この和室、リビングにリフォームしたいなあ・・・」といつも思っていました。

 マイホーム計画段階では、いつか同居?!とも考え、1階にもう一部屋を・・・と考えたときも洋室でいいかなと思っていたほど、和室の必要性は感じていませんでした。あるハウスメーカーの方は、「和室は絶対あった方がいいですよ。将来、お布団を敷いて1階で休まれるということもあるかもしれませんし。」とすごく勧められていましたが・・・。でも、リビングを広くしたい!ということと、うちの場合の間取り(3LDKで十分)を考えると、1階にもう一部屋とすると2階が二部屋と収納になり、1階ばかりが大きくなり、建築費がアップし、その上現状のい使い勝手を考えると????。だったので、2階に3部屋洋室で1階LDK、和室なしになりました。

 実際に住んでみても、まあマンションの頃から、畳がいいなあという思いもほとんどなかったので不自由は感じていません。ゴロンとなりたいときも、フローリングの床にゴロンとしています。我が家にお泊りのお客さまも以前と変わりなさそうなので、2階の予備室にお布団を敷いて休んでもらうということで何とかなりそうです。 ただ、この間パナホームの新しい展示場のモデルハウスで和室を見せていただいたときは、町家風のいい感じのインテリアで「こういうのも普段の生活の場とはちょっと違う異空間ってお部屋もいいかも!!」「和室のインテリアはまた、奥が深そう・・・」と思ってしまいました。
でも、お聞きしたところ、そのモデルハウスの和室の造作費用はすごい金額らしいです・・・。 あと、お友達に聞くと家を売却するときには、和室がないよりはあった方が売り易いらしいと聞きました。
「なるほど・・・」と思いましたが、うちは多分、その予定はないだろうなあってことで、予定通り『和室なしの家』で十分!OK!と言えそうです。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-11-05 16:48 | Construction diary | Comments(0)

北入り?南いり?

マイホームについて検討を始めて、土地を決めようと思うと、まず道路がどの方位に面しているかが問題になるのではないでしょうか?
 我が家のある分譲地は、ほとんどが北入りと南入りでしたが、私達は迷うことなく『北入り』に決めました。理由は選んだ土地が南に歩道、道路があって、開いていること、南にお庭を広くとりたい、南入りに拘らないなどからです。角地なら北、南以外の方位に玄関をとることができますが、角地は外構費用が1.5倍以上かかってしまうと聞きました。
ハウスメーカーの方による、「玄関はやはり南に・・・」と思われている方もまだたくさんいらっしゃると言うことでした。 北入りのメリットは玄関が北側になり、お部屋や庭が南に広く取れ、お部屋自体も明るい、道路に面していないのでプライバシーが確保できるなどがありますね。デメリットは玄関が暗くなる、南側の隣気の状態によっては日当たり、プライバシーが確保できないなどがあります。と言うことは、これと逆のことが南入りについては言えるわけですよね。あと、北入りでは北東に玄関をもってくるとバッチリ鬼門になってしまうと言うこともありますね。 確かにわが家も玄関を考えるとき、北東は避けましたし、暗くならないように何とか明るくしたいと思いました。あと、実際に住んでからは、北入りでは北側にあまり大きな窓をとったりしないので、道路側に閉じているような状態に近く、戸外での様子があまりわからない!また、北入りだと洗濯物(2階のベランダに干しています)が玄関の上の方でヒラヒラするということがなくてよかった!と実感しています。 また、南入りの場合はガレージスペースとお庭がつなげることができますね。これは便利かもしれませんね。
でも、私は車の横のお庭で子供が遊んだり、バーベキューしたりとかは避けたいなあと思っていました。 けれども実際に我が家のご近所のお宅を見てみると、鬼門に玄関もってこられていることろもありますし、車のすぐ横でバーベキューされていたお宅もあります。

ああでもない、こうでもないと色々考えてしまいますが、最終的には自分たちの家に対する思い、どう暮らしたいかの中で何を重要とするかですね。でも、家はもしかしてまた建て直せることがあっても、土地は一生だなあと思うと、よ~く考えて・・ということになりますね。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-10-19 16:30 | Construction diary | Comments(0)

浴室 床暖房 スイッチ工事完了

f0349957_1329532.jpg

以前にも記事(お風呂・床暖房のスイッチはどこ?ないよ~! 、浴室・床暖房スイッチ工事決定! )でアップしていた浴室床暖房のスイッチ工事。本日、無事に終了しました。丸一日かかるかも?!ってことでしたが、実際にはお昼過ぎにはすべて完了!。工事中も丁寧に養生、終了後はきちんとお掃除までしていただき、大満足です(^O^)。その上、この工事は本来、引渡し前に説明後、完了しておくべきものということで、無料~!でした。パナホームさん、ありがとうございました('-^*)/。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-07-04 16:29 | Construction diary | Comments(0)

浴室 床暖房のスイッチ 工事決定!

以前の記事でアップしていた浴室の床暖房『気持ち浴あったかフロア』 のスイッチ(照明のスイッチと分離する)工事について、今日、現場監督のTさんから電話があり、来月3日に決定しました。クロスをはがし、壁を切って・・・の工事になるので、ほぼ丸一日かかるそうです。

料金おいくらほどに・・・?と聞いてみましたが、それは営業の方に・・・と言うことでした。固定資産税とか色々お金が入り用だったここ最近なので、私はとても気になりますf^_^;。タダ?!我が家は来月に二ヶ月点検になる予定なのですが、そのときに料金がかかってくるのか?どうなのよ~!

でも、普通どんな工事の場合も見積と言うか費用はどのくらいか、全くわからずに即GO!なんてことはないですよね。大体どのくらいかは聞きますよね。やぱっり、明日営業のKさんに聞いてみよう!っと。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-06-21 15:58 | Construction diary | Comments(0)

お風呂 床暖房のスイッチはどこ?

先日、「冷めなかったお風呂」という記事で書いた浴室の床暖房『あったかフロア』ですが、ここ最近暖かく感じられませんでした。
以前暖かかったときは、「スイッチを入れることもなく、暖かく感じるからお湯はりをすると自動的に床暖房がオンになるのかなあ・・・」などと娘と話していたのですが、近頃は気温が上がったことでもうオンにはなってないのか?と思っていました。
それにしても、自動的と言っても?、?????と不思議に思い、取り説を引っ張りだしてよ~く見てみると、なんと『あったかフロア』にはスイッチがあって、入浴の30分前にはオンにしてくださいと書いてあってびっくり!((>д<))。 それから探しました、スイッチ!でも、どこにもない!リモコンはエコウィルのだし、ない!ない! と言うことは、あの暖かかったのは何?スイッチって誰が入れたの?パナホームの人?もしかして、今までずっと入れっぱなしでもう壊れたの?
そこで営業のKさんに早速問い合わせたところ、現場監督のTさん曰く、『あったかフロア』のスイッチは浴室の照明と連動しているということでした。洗面室のスイッチの数と位置がもう決まっていたので、回路を同じにして連動するようにしたらしいのです。
今まで、暖かかったのは照明を早くからつけていたときだから・・・と言うこともわかりました。 でも、よく考えると、照明と一緒につけてたのでは床が暖かくなるころに、お風呂は上がってしまいます。また、早めに暖めようと思えば、照明もつけないといけない!夏の暑いときでも床も暖かくなってしまう!
そこで、スイッチを付け直してもらうことにしました。パナホームさんからも引渡し時の説明不足等の謝罪はあったのですが、工事をしていただけるという提案があったので、お願いすることにしました。
洗面室の天井から壁からはがしてクロスを張り替えてになるので、丸一日になるようですが、お願いしようかなと思っています。
こういう場合、他のお宅はどうなっているんでしょうか?またまた、うるさいことを言っているのは、我が家だけかな・・・とも思いますが、皆さんならどうされます?
[PR]
by mimirin0721 | 2007-05-14 20:10 | Construction diary | Comments(0)

もう一つシビアに・・・住宅ローン

続いて、もう一つシビアなお話を・・・。住宅ローンについてです。
以前のマンション購入の際には、メーカーの方に言われるがまま住宅金融公庫で組みました。35年でゆとり返済(利息は3.2%程)でした。頭金を多めに入れ、繰上げ返済を何度かして新居購入時点であと1年半の残金がローンとして残っていました。
 そこで、私達はハウスメーカーや銀行の方にも色々相談し、土地と建物プラスローンの残債をトータルで借りることにしました。理由は、手付け金やその他のために現金を手元に置いておきたかったこと、土地は12月初旬の決済、建物は3月末完成の予定だったので3月には金利が上昇するかも?!ということで、かなり大きな金額ですが、すべて一括で11月にローンを申し込み、12月初旬に土地決済、メーカーにも入金となり、建物完成の3月末にメーカーとの間で清算ということになったのです。
今回のローンの利息や保証料については、かなりパナホームの営業Kさんにがんばっていただきました。提携ローンではありましたが、かなり粘り強く交渉していただいた結果、保証料込みで当初考えていたよりもかなり低い利息で組むことが出来ました。
オプションなどでサービスしてもらうよりもこちらの方がかなりポイントが高かったと思っています。
3月末にはマンションの売却金を即繰り上げ返済して、返済年数は減らすことが出来ました。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-05-11 19:57 | Construction diary | Comments(0)

ちょっとシビアに・・・1 マンション売却

今回はちょっとシビアなお話を・・・。マンション売却についてです。
 私達はもうすぐ築10年になるというところで、売却を開始しました。昨年春頃からマイホーム購入を具体的に考え始め、最初にマンションの査定をしてもらったのが4月の終わりでHハウスが提携している不動産会社で地元の小さな会社でした。「築10年とは思えない!きれいにしている!」と言うことでしたが、査定金額は予想通りくらいで買ったときの三分の一以下でした。私達のマンションは管理もしっかりしていたし、駐車場も2台分確保できるという物件だったのですが、一番のネックは駅から遠い!ということでした。10年の間に駅周辺に築浅の分譲マンションが幾つも建設されているので、価格は下がっても仕方ないようでした。
その後、Dハウスの系列会社の不動産会社にも査定してもらいましたが、ここは下取り補償付きだったのでもっと厳しい価格で、正直落ち込みましたY(>_<、)Y。そして、最後の査定がパナホームの提携している不動産会社で地元の企業の中でもかなり大きい規模のところでした。こちらは、私達のマンションの過去の売却件数も多く、査定金額も一番高い見積でした。Dハウス系のところと比べると、200万円以上の差がありました。
また、他の会社はもうすぐにでも売却開始したほうがいい!という意見でしたが、ここだけはあせらなくていい!売りやすい時期(12月から3月)に始めた方がよい!という意見でした。

これらのことから、売却を依頼する会社は三社目の会社に決めました。 9月に入ってハウスメーカーもパナホームに決定し、土地を申し込みました。
幸いにも希望していた区画がOKで土地の購入が決定したことから、マンション売却を開始しました。これが10月からで、三社目の会社A不動産と専任専属契約を結びました。 実際に売却を開始すると、広告(チラシ)に毎週末掲載されましたが、引渡し予定を三月末としていたためなかなか進みませんでした。それでも、見に来られるときにはいつもきれいに掃除し、リビングにはおもちゃ一つない状態にしていました。
そして、12月に入って2組の方が商談に入られ、そのうちの一組の方と12月21日に契約をしました。結局、6組の方が見に来られて5組目の方(A不動産が連れてこられた方)に買っていただくことになりました。売買価格はほぼ希望価格でした。 引渡しを三月末としていたことから、仮住まいが必要になるかも・・・とか、売り出すのが早過ぎたのか・・・とか色々不安に思うこともありましたが、タイミングと縁が合って、予定通り売却で出来て本当によかったと思っています。
手付け金以外の売却金残額は三月末の決済のときにいただき、新居のローンに繰り上げ返済しました。
決済は銀行で行ないましたが、通帳に入金と出金が記帳されただけのあっという間の出来事のようでしたf^_^;。
[PR]
by mimirin0721 | 2007-05-11 19:55 | Construction diary | Comments(0)